履歴書の書き方

履歴書1履歴書2
①提出する場合は提出当日の、持参する場合は持参する当日の、郵送する場合は投函した日付をそれぞれ記入します。

②面接者は一番初めに見る箇所です。丁寧な字で大きめに記入しましょう。氏名の読み方に「ふりがな」とある場合はひらがなで、氏名の読み方に「フリガナ」とある場合はカタカナで記入します。また、シャチハタの印鑑は使用せず、朱肉を使用しましょう。

③3ヶ月以内に撮影した証明写真です。プリクラやスナップ写真の切り抜きはNGです。服装はスーツまたはジャケットを必ず着用しましょう。サイズはタテ3cm×ヨコ2.4cmまたはタテ4cm×横3cmが一般的です。

④都道府県名からアパート・マンション名・号室まで、省略せずに記入します。

⑤自宅の一般固定電話と携帯電話の番号を記入します。FAXは持っていなければ書く必要ありません。パソコンのメールアドレスをお持ちの場合はE-mail欄に記載しましょう。その際、「-」と「_」、「o」と「0」、「a」と「q」など間違えやすい英数字をしっかり書き分けましょう。

⑥学歴として高等学校卒業以降の入学卒業を、職歴として現在までの入職・退職を記入します。看護師になる前に一般企業で働いていた人は、そのときの経歴も忘れずに。なお、「高等学校」を「高校」と略したり、企業経験がある人は「株式会社」を「(株)」と省略せず、正式名称で書きましょう。

⑦取得した資格などを、時期の古いものから上から順に書き入れます。少しでも仕事に活かせそうなものは記入して、できるだけ多く出すとよいでしょう。ただし、あまり仕事と関係がなさそうなものや、漢検4級などあまり級位の高くないものは書かない方が良いです。

⑧なぜこの医療機関を志望したのかを記載します。選考上、最も合否を分ける部分であり、その病院施設の特徴に触れながら、これまでのキャリア、これから経験したい内容や目標などとうまく結びつけられる内容を心がけましょう。自分の経歴や看護師を志した理由などをしっかり分析した上で、事前に病院のホームページなどを見て下調べをし、どこに魅力を感じているか、病院の特徴をしっかり捉えて書けるようにしておきましょう。

⑨希望病棟や、やむを得ない事情で夜勤ができないなど、個人として雇用側への希望などを記載します。特にない人は「特になし」と書いておけば大丈夫です。