脳卒中リハビリテーション看護認定看護師について

最終更新日

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師とは?

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師とは、脳卒中患者さんの重症化を予防するために観察とケアを行います。

リハビリテーションと聞けば、急性期を脱した患者さんに行われていると思われがちですが、そうではないです。

急性期から早期リハビリを行います。

行う内容は、病状や怪我を考慮して行いますので、急性期には過激な運動はもちろん行いません。

体位変換や移乗などの基本的動作から始め、徐々に日常生活動作が行えるように援助していきます。

看護師一人で行えることでもありませんので、医師や理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などと連携を図り、患者さんに合った方法を考慮した上で、皆でケアを実施していきます。

この他にも、看護師のケアの質の向上を高めるために勉強会を開催し、実際に体位変換や移乗動作等も指導していきます。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の仕事とは?

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の仕事の内容としては基本的に看護スタッフと同じ業務をこなします。

病棟勤務の場合、その日に割り振られた受け持ち患者さんのケアや処置を行います。

そして、決められた日に脳卒中リハビリテーション看護認定看護師としての業務をこなすのです。

病院内に入院している患者さんで脳卒中リハビリテーションを行う方のリストアップを行います。

そのリストアップした患者さんに対して、脳卒中が重症化しないよう予防するために観察とケアを実施します。

そして、その観察やケアが他の看護師も同じように行えるように、看護スタッフにも指導を行います。

また、看護師だけではなく理学療法士や作業療法士、医師などの他職種の方と連携を図り、患者さんにより良い医療を提供するように計画を立て実行します。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割とは?

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割は大きく分けて3つになっています。

1つ目は実践です。

脳卒中患者さんが重症化しないようにするために観察を重視して行います。

そして、早期に機能回復させるために、急性期からリハビリテーションを行っていくのです。

リハビリテーションですが、急に運動させるのではなくその患者さんの状態に合わせたケアを行うのです。

例えば、寝たきりの患者さんの場合は体位交換からゆっくり行っていくよう援助を行います。

2つ目は指導です。

指導では、看護スタッフの質の向上をするため、実践を行いながらの指導と、定期的な勉強会を開催するなどして、知識・技術共に指導していく必要があります。

3つ目は相談です。

患者さんのケアの方法でわからない事があれば、相談に乗り一緒に解決策を導きます。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の給料と休日

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の資格取得後のお給料と休日に関してです。

お給料に関してはあまり変わりはありません。

もしくは、お給料が減ってしまうケースもあります。

その理由は、認定看護師の資格手当が少ないという事です。

もちろん、病院によって手当は様々で資格手当が高い所もありますが、現状では5千円前後の病院が多いです。

ですが、夜勤をこなしている看護師の方は減ってしまう可能性が高いです。

それは、認定看護師の資格を取得前と同じ数の夜勤をこなせなくなる可能性が高いからです。

スタッフへの指導や相談を行わなければいけない為、どうしても日勤の数が増えてしまいます。

休日に関してですが、認定看護師の資格前後で変わらず取得することはできます。

ですが、休日にも資料づくりや研究等を行わなければいけません。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師のやりがい

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師のやりがいとしては、やはり患者さんの日常生活動作がアップしているのを目で見れるところです。

急性期の時から見ている患者さんは、寝たきりで自身で寝返りも出来ない方がたくさんいます。

ですが、ケアを行い、毎日毎日少しずつ訓練を行い回復期になる頃には、ベットから起き上がれるようになり、 そして、退院する頃には自分歩いて帰っていく患者さんを見ると、自分が行ってきた事の達成感を味わう事ができます。

それに、患者さん自身やご家族の方から、「死にかけてたのにこんなに回復するなんて思っていなかったし、いつも話しかけて励ましてくれてありがとう」と言われた時は、一生懸命ケアをして良かったなと思えました。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の悩み

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の仕事は、回復期の仕事だと思われる事が多いのですが、最近では急性期でのニーズが高まってきました。

私の場合ですが、ICUで勤務しています。

ICUでリハビリをするなんてと思うご家族の方も多く、初めは敬遠される方もいます。

時には、「こんな状態でリハビリさせるなんてありえない人ね」 と言ってくるご家族の方もいるほどです。

ですが、急性期にこそリハビリを行う事で、その後の回復の早さにも影響するという事を、もっとご家族の方に理解してもらえるように活動しなければいけないなと思っています。

また、認定看護師の資格の有無に関わらず、同じような看護の質を提供できるように指導も強化していかなければいけないなと思っています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の心構え

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師としての心構えです。

脳卒中を発症した患者さんに対して急性期から維持期に至るまで一貫した看護が提供できるように、病院全体でチームとなり医療を提供できるように取り組んでいます。

一般的には、急性期から回復期、そして維持期に移行する場合、病院内で転棟したり、転院する方が多くいます。

転棟する場合は、急性期から脳卒中リハビリテーション看護認定看護師がきちんと把握していますので、一貫した看護が提供できるように転棟先のスタッフにも同じようなケアを行うように指導しています。

また、少しでもADLが回復できるように、出来る範囲は患者さん自身に行いできない部分をお手伝いするように心掛けています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の体験談

私は、リハビリ病棟で勤務しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の資格を取得するまでも、リハビリと関わっていました。

日常生活動作も、患者さん主体で、患者さんが行える範囲まで見守り、そして行えない範囲は手助けしていましたし、理学療法士や作業療法士が個々の患者さんのために考えた自主訓練を見守る事もしていました。

ですが、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を取得してからはさらに視野が広がりました。

今まで、他の人が決めたケアを同じように行っていただけですが、今では自分でアセスメントしその方に合ったケアの方法を提案し、そして、皆に実行してもらえるようになりました。

自分が主体となって行動でき、それが患者さんのためになるというのはとてもありがたい事と思います。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師になるには?

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の資格を取得する方法です。

まず日本国で看護師あるいは保健師か助産師の資格を保持しており、5年以上の実務経験がある中の3年は専門的分野での経験がある事です。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の場合の専門分野とは、脳血管障害患者さんの多い部署での看護実績がある事です。

そして、急性期の脳血管障害患者さんの看護を5例以上担当経験実績がある事が条件となっています。

また、現在も脳血管障害患者さんの多い病棟あるいは、施設や在宅などでの勤務している事が望ましいです。

この条件が合致すれば、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の研修に参加する事ができ、研修終了後に審査を受け合格すれば、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の資格を取得する事ができます。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の転職を成功させるポイント

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の資格を活かした転職方法です。

まず、転職する際に一番注意しなければいけないのが、その病院が認定看護師を必要としているかです。

ただ、看護師を必要としているだけの職場では、認定看護師としてのスキルを活かす事も磨く事もできません。

ですので、入職前にきちんと把握しておく必要があります。

また、お給料面もきちんと把握しておかなければいけません。

認定看護師の資格手当はいくらであるのかを確認してください。

そして、入職後に認定看護師としての業務をどのようにこなしていくのかも、きちんと話し合っておく必要があります。

入職前にこれらの事を確認してけば、入職前後で話が違うということなく、成功する可能性が格段に上がります。